• ホーム
  • ジスロマックには副作用があるのか

ジスロマックには副作用があるのか

2019年08月26日
患者を診ている医者

ジスロマックは一般的に利用される抗生物資の11つで、クラミジア治療や歯周病の治療に用いられます。
非常に強い効果を期待できますが、一方でいくつかの副作用があるため利用には注意が必要です。
成人の場合には1,000ミリグラムのジスロマックを一回だけ飲みます。
ジスロマックの250ミリ錠を服用する場合には、1度に4錠を服用すると1,000ミリグラムになります。
多すぎても少なすぎても効果が薄れてしまいますので、必ず主治医の指示に従って服用することが重要です。
少なくとも三日間は続けて服用すると、効果が現れます。

成人用のジスロマックは食前や食後に飲むといったタイミングに決まりはありません。
ぬるま湯や水と一緒に服用すればokです。
とても簡単に治療が行える特徴があります。
ただし、胃痛が激しくなったり下痢を起こしたり、吐き気を催すなどの副作用が見られることがあります。
アレルギー反応を起こしてしまうと、重篤の危険性もありますので細心の注意を払いながら服用してください。

副作用を最低限に抑えるためには、やはり用法や用量を守った使い方が大切です。
なかなか効果がないからといって量を増やしてしまうと、薬の効果が出ないだけでなく副作用が発現する恐れがあります。
体に合わないにもかかわらず服用を続けていると肝機能障害を引き起こしかねません。
そうなると、元々の病気よりもさらに体調が悪化してしまいます。

ジスロマックは実は副作用が少ないのですが、使い方を誤ると症状が重篤になってしまうので注意しましょう。
医師の診断を仰ぎつつ利用することをお勧めしています。
薬を使っている時は症状が改善されているかどうかをつぶさに観察していきます。
薬を飲んでいるからといって安心するのではなく、主治医に薬を飲み続けて良いのかを確認してください。
慎重な運用をすることで下痢や胃痛、吐き気などの副作用を避けることができます。
ジスロマックを服用する際には、慢心は禁物です。

実際のところジスロマックの副作用は少ない

抗生物質は一般的に効果が高いことで知られています。
細菌を一気に殺してくれる強力な働きがあるのです。
効果が強い分、良い物質も死滅させてしまいます。
そのため、体にアレルギー反応が起こることがあるのです。

この1連の反応がジスロマックの副作用です。
結果として強い吐き気や胃痛、肝機能障害が起きる可能性があります。
少し症状が出た段階もジスロマックの服用方法を変更しないと、さらに中毒になってしまう恐れがあり危険です。
これらの副作用は抗生物質の中では少ないと言えるのですが、抗生物質である以上、服用の仕方には十分な注意が必要です。

大人ではなく子供がジスロマックを服用する場合、成人よりも副作用が出やすい傾向にあります。
特に下痢を起こしやすい特徴が報告されています。
したがって、胃腸が強くない子供にジスロマックを服用させる場合には、成人が服用するよりも1段階上の注意が必要です。

もしも下痢がひどいときには、乳酸菌が配合されている整腸剤を一緒に飲むと良いでしょう。
乳酸菌が下痢を緩和してくれます。
また、ジスロマックの副作用にはアナフィラキシーショックもあります。

アナフィラキシーショックとは、特に重篤な副作用で、蕁麻疹や顔面蒼白、さらには呼吸の苦しさなどが見られます。
これはジスロマックに対して体がアレルギー反応を起こしていますので、直ちに服用を止めて主治医の判断を仰がなければなりません。
ジスロマックでアレルギー反応が強い人には他の薬を投薬するやり方もあります。
副作用がひどい場合にはジスロマックに固執するのではなく、他の治療方法も検討するようにします。
焦らずに臨機応変に治療を行っていくことがとても大切なのです。